スポンサードリンク xxxxx

マンションの査定方法

マンション査定には、不動産業者に依頼するのが一般的ですが、中古マンションの査定方法をご自身で知っていて損はないはずです。

 不動産の絶対的な査定方法はないですし、複数の不動産業者に依頼すれば違う査定額になると思います。でも、不動産の査定することにより、相場が見えてきます。

 不動産の査定方法には、一般的に次の3種類が挙げられます。

1)原価法
 現時点で新築したらいくらになるか割り出し、そこから経過年数分の減価償却費を引いて評価する方法です。
2)収益還元法
 不動産から得る収益(家賃やテナント料)がら、不動産を評価する方法です。日本ではバブルの反省から注目を集め出したと記憶しています。
3)取引事例比較法
 近隣の同じような物件の売買事例の価格を基準にして評価する方法です。日本では今でも一番利用されている方法です。

 中古マンションの査定となると、取引事例比較法が一般的な査定方法と言われています。
 ただ、私が思うに、都会のように事例となる中古マンションが多ければこの方法が良いですが、地方のようにあまりマンションの数が多くないような地域では、事例が少ないので取引事例比較法が向かないケースもあります。
 その場合は原価法の方が有効なマンション査定方法だと思います。